» 環境にやさしい住まい

環境にやさしい住まい

国産の木材を使ったお家を建てることで、森が守られていきます。
木でできたお家に住むことで家族の健康も守られ、環境の保全にもなるのです。
その理由を見ていきましょう。

木が使われなくなった現代

木が使われなくなった現代

よく、森を守るためには植林が必要だという話を聞きます。
世界的に見た場合はその通りでしょうが、現代の日本において、森林の現状を考えると、一言でその通りとは言えません。
国土のおよそ3分の2を森林が占める日本。現在、木材の需要は少なく、手入れをされることなく放置されている森が多いと言われています。これには、国産と比べ安価な輸入材が多く使用されるようになったことが大きな原因です。また、建築材料として考えた時にも、現在では木材よりも安価な資材が使用されることが多くなっています。
古代は寺院や仏閣、屋敷の建設、仏像や城郭の建設、戦時中や戦後には造船、建築や復興のために大量の木材が使われ、森では乱伐が行われ、長い歴史の中では森林が減少した時期もありました。しかし現代においては、逆に木材が使われなくなったことで森が荒廃してしまっているというのが現状です。

木を使うことで、森が守られる

木を使うことで、森が守られる

国産の木材の需要が減少することで、森の手入れが行われなくなります。
森は人の手が入ることで守られていくもの。主な作業として間伐がありますが、間伐により、込み過ぎた木を間引き、残った木に十分な光と水分を与え成長を良くし、幹が太く枝葉もしっかりとした、良質な木材が生育します。
生育が良い木々が多い森は、光合成により多くの二酸化炭素を吸収してくれます。
間伐などの手入れが行われなかった場合、混みあった日のあたらない森は木々の生育にも影響を与え、結果、全体としての二酸化炭素の吸収力も低下します。また、曲がっていたり、生育が悪く幹が細いなど、形が悪い木に育った場合は製品としての価値も低下します。
森が放置されることで倒木が発生し山崩れの原因となることもあり、日の当たらない森は他の生物も生きづらい環境になってしまいます。

東濃ひのきの家に住むことは、森を守ること

東濃ひのきの家に住むことは、森を守ること

植林を行い、間伐などの手入れを行い、計画的に植林が行われることで、健全な森が維持されていきます。
木材の需要が増えれば、林業が活性化され、森林で働く人の暮らしも守られます。現在、森を維持するためには、積極的な木材の使用が必要なのです。
東濃ひのきの家を建てる人が増えれば、森が守られ、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を減らすことができます。自然素材の家に住むことで、家族の健康も守られます。

東濃ひのきの家で実現するLOHASな生活

東濃ひのきの家で実現するLOHASな生活

近年、国内においてLOHASというライフスタイルが定着してきました。
これは、地球環境と人間の健康に配慮した、持続可能なライフスタイルのこと。家族の健康も、中津川周辺の森の保全にもつながる持続可能な生活。東濃檜の家で、そんな毎日の暮らしを楽しみませんか。
街に住んでいたとしても、東濃ひのきの家を建てることで、森を守ることにつながる。東濃ひのきの家に住む人は皆、健康的な生活を手に入れることができる。私たちは、このような良い循環を進めていきたいと願っています。

お問い合わせは、お近くの組合か工務店、または中津川市産直住宅振興会事務局まで、
お気軽にご相談ください。

事務局:中津川市役所 農林部 林業振興課

0573-66-1111

〒508-8501 岐阜県中津川市かやの木町 2-1
FAX / 0573-66-1835